ビキニラインのムダ毛処理

ちょっとセクシーな下着や水着を着たときに気になるのがビキニラインの「ハミ毛」です。
今回は【ビキニラインのムダ毛処理】について説明しましょう。

カミソリでのお手入れ

こっそりと手軽――これがカミソリのメリットでしょう。
ですが小まめに剃らなければならないし、肌に強い負担があります。
最悪は肌トラブルになります。
一番ヤバイのが、お手入れ後にチクチクしたり痒みがでたりすることです。
仕上がりもそれほど綺麗ではないので満足しない女性も多いでしょう。

電気シェーバーのお手入れ

脱毛イメージ (23)カミソリと比べるとお肌の負担は比較的少ないけれど、チクチクするのは同じです。
処理しにくい場合は、毛足の長いむだ毛をハサミでカットしたあと、電気シェーバーでお手入れするといいでしょう。
お手入れした後は、保湿をしたりするアフターケアをキッチリしておきたいですね。
場所が場所だけに慎重にケアしてください。

毛抜きでのお手入れ

これは、今スグ止めましょう。
ピンセットの場合は時間もかかります。
脱毛テープ・ワックスでも一度毛を抜けば再び生えてくるまでは時間がかかるので高価はあるでしょう。
ですがワックスは痛いですし、何よりも最もお肌に負担をかける方法です。
埋没毛や色素沈着して黒ずみができたりします。
赤くポツポツになるお肌トラブルにもなるので長期的にやれば見た目は凄く悪くなります。

脱毛クリームのお手入れ

一度の大量に処理できるのがメリットです。
効果も長持ちしますが皮膚ダメージがあります。
特にVラインは皮膚がデリケートですから、逆にハミ毛よりも恥ずかしくなります。
毛を溶かすと毛穴が開きます。
下着に密着しているデリケートゾーンは風通しが良い手足と比較すると菌が繁殖しやすいです。
開いた毛穴に雑菌が入り、下着の擦れなどの刺激により黒ずみになるでしょう。

ハサミでカットするお手入れ

これも毛の先端がとがり下着から突きだしてしまったりします。
はみ出そうな毛をはみ出さない程度にカットするのが理想的ですが、なかなか上手くいきません。

いずれにしても目が届かない部分のケアはできませんし、お肌の負担が大きすぎリスクがあります。
最近では脱毛サロンでVIO脱毛をしており、欧米では当たり前のエチケットになっているのです。
アナル周辺のムダ毛まで綺麗にしてくれるので検討する余地はあると思います。

脱毛サロンの効果

頻繁に耳にすることですが「脱毛サロンで脱毛しても、またムダ毛が生えた」ということがあります。
私自身もそうですが、永久的に毛が生えないことはないのではないでしょうか?
今回は【脱毛サロンの効果はどれくらい】についてお話します。

何度も施術する必要がある!

光脱毛は生えている毛に強い光を照射して、ムダ毛の黒いメラニン色素に反応させてダメージを与えるシステムです。
毛には活動するサイクルがあり、これを毛周期といいますが、一般的には2カ月から3カ月に1回の周期で生えかわります。
1度だけの照射では、休止期に入っている新しい毛が生えてきます。
腕・足・腋などは80%程度は休止期に入っているので、一度で脱毛できるのは20%程度です。

何度も照射して、次のムダ毛にもダメージを与えなければなりません。
ひとつの毛穴に対して効果がある施術回数は平均的に6回です。
ですが毛深い私のようなタイプは満足いくような結果ではなかったです。
ムダ毛の太さや量・濃さなど剛毛であるかも大きな要因になります。

薄めのむだ毛の女性ならば数回の施術で終了するでしょう。
ですが初めから剛毛ならば私のようにそれなりの期間が必要になります。

永久に効果が継続はしない

前述のように脱毛効果は永久ではないです。
脱毛エステでの光脱毛です美容整形外科のレーザー脱毛でも同じです。
レーザー脱毛の方が光の出力が強いのは事実です。
施術回数は少なめですが、個人差はありますし正直とても痛いですし、焼け付くような匂いも気になります。
料金も高額ですから、またムダ毛が生えるてくると落胆してしまいます。

脱毛エステの光脱毛は料金が安い

再びムダ毛が生えてきても、それほど落胆はしません。
レーザーと比較すると出力が弱いこともあり、お肌の負担も少ないメリットがあります。
足などは特に広範囲で目立つ部位です。
光脱毛でじっくり根気良く脱毛するほうがベターです。

e-脱毛サロン 比較を参考に通い続けることができるサロンを選んでください。

脱毛サロンの効果はどれくらいなのかは、個人差があって一概に言えないですが永久ではないです。
脱毛エステでは無制限に通えるプランもあるので、毛深い女性はそういったプランを選ぶと精神的にも経済的にもお薦めです。